(48)「豊臣家の岐路」

ねね(佐久間良子)は京都で隠居生活を始める。大阪城には秀頼の補佐役という名目で家康(フランキー堺)が入り、政権を手中に収める。ある日、利家の妻・まつ(音無美紀子)がねねのいおりを訪れる。嫡男・利長が家康からかけられた謀反の疑いを晴らすために、まつは人質として江戸へ下るという。天下を狙う家康と三成(宅麻伸)の対決はもはや避けられず、ついに関ヶ原で激突。ねねは豊臣の行く末と天下の安泰を家康に託す。