(46)「おかか悲願」

ねね(佐久間良子)は、秀吉(西田敏行)の葬儀を済ませ、一族の菩提を弔いながら余生を送るつもりだった。しかし徳川家康(フランキー堺)と前田利家(滝田栄)から、朝鮮から全軍を撤兵させるまでの間、秀吉の死は伏せてほしいと言われる。朝鮮から戻った加藤清正(加藤健一)が、ねねを訪ねてくる。清正は秀吉の死を悲しみ、自分を罪に陥れた石田三成(宅麻伸)と差し違えるといきまくが、ねねは豊臣内部で争うことを許さない。