(42)「秀次追放」

秀吉(西田敏行)は淀殿(池上季実子)が生んだ世継ぎの拾を溺愛するあまり、甥(おい)の秀次(広岡瞬)に関白を譲ったことを後悔する。秀次も秀吉の心中を察し疑心暗鬼に。ねね(佐久間良子)は、兄の子・秀俊(松野達也)が小早川家へ養子に出されると、拾の存在が豊臣家を崩壊させるのではないかと心配する。追い詰められた秀次は謀反を理由に関白職を剥奪され、高野山へ追放になる。とも(長山藍子)は秀次の命を案じるが…。