夢千代日記

吉永小百合主演、早坂暁脚本で描いた人間模様

共有

(4)

煙草屋旅館の跡取り・泰男(岡田裕介)は、かつて夢千代(吉永小百合)とともに東京へ出て行った過去がある。しかし、胎内被爆がもとで健康を害した夢千代はひとり故郷に戻り、母の営む置き屋を継いだのだ。泰男は、母である女将・春江(加藤治子)に旅館を近代化する話をもちかけるが、春江は昔ながらの旅館を維持したいと断る。一方、刑事に追われる市駒(片桐夕子)がようやく夢千代の前に姿を現し、事件の経緯を語りはじめる。