夢千代日記

吉永小百合主演、早坂暁脚本で描いた人間模様

共有

(1)

山陰のひなびた温泉町で芸者の置屋「はる家」を営む夢千代(吉永小百合)は<胎内被爆>という宿命を背負っていた。夢千代のもとには、様々な過去を抱えた芸者たちが集まってくる。夢千代はある日、神戸の病院から帰る急行列車の中で、殺人容疑で元芸者の市駒を追ってきたという神奈川県警の山根刑事(林隆三)と出会う。その後山根は、市駒の捜査のために夢千代が住む温泉町に姿を現し町の人々に聞きこみを始めた。