ニュース速報

2021冬 「ダイヤにぬくもりあり〜東武鉄道〜」

鉄道にまつわる、心に“沁(し)みる”エピソードを取り上げ、紹介していく「沁(し)みる夜汽車」。鉄道の運行計画であるダイヤを作成する職員が心がける乗客への配慮。 首都圏で1日に3000本以上の電車を走らせる東武鉄道。青木良夫さんは、その運行計画であるダイヤを作成する職員だ。どの電車を何時に運行し、駅で何分停車するかなどを線で示していく。青木さんがこの業務に就いた時、先輩から「現場を見に行け」と言われた。駅を見に行った青木さんは、ダイヤが乗客の安全を守っていることを発見し、その奥深さを思い知らされることになる。一見、無機質なダイヤの裏に潜む温かさに迫る。