ニュース速報

    2020夏 「夫の思いを受け継ぐ切り絵〜都電荒川線〜」

    鉄道にまつわる、心に“沁(し)みる”エピソードを取り上げ、紹介していく「沁(し)みる夜汽車」。都電荒川線の風景を切り絵にしていった亡き夫の思いを受け継ぐ妻。 東京に残る路面電車、都電荒川線。稲葉イトエさんの夫はその沿線の風景を愛し、切り絵にしていった。夫は小学校で切り絵を教えるようになり、イトエさんも手伝って2人で荒川線で出かけた。とても楽しく、幸せな時間だった。やがて夫は亡くなったが、イトエさんは夫の思いを受け継ぎ、小学校の切り絵教室を続けていく。そして今は夫が生きがいにしたものがよくわかるようになったという。都電荒川線を舞台にした夫婦の絆の物語。