ニュース速報

    2020夏 「信念を貫くレール〜銚子電気鉄道〜」

    鉄道にまつわる、心に“沁(し)みる”エピソードを取り上げ、紹介していく「沁(し)みる夜汽車」。厳しい経営が続く銚子電気鉄道の先頭に立つ竹本社長の信念に迫る。 厳しい経営が続く銚子電気鉄道。社長の竹本勝紀さんは自ら運転して経費を節約し、食品販売の副業も行うなど、経営の先頭に立つ。もともと税理士だった竹本さん。顧客との距離を保つよう、父親に忠告されていたが、困っている人は全力で助けることが信念だった。そして銚子電鉄に請われて社長に就任するが、その信念が揺らぐ事故が起きる。脳裏に父親の忠告が浮かんだ…。この出来事は自ら運転するもう1つの理由につながっていく。