ニュース速報

    2019冬 「チンチン電車で帰ろうよ〜阪堺電車〜」

    鉄道にまつわる、心に“沁(し)みる”エピソードを取り上げ、紹介していく「沁(し)みる夜汽車」。大阪と堺を結ぶ阪堺電車で、母親と不思議な一日を過ごした物語。 50年以上前、幼かった頃の永井貴彦さんが母親に連れられて、阪堺電車で出かけた。当時、ほとんど出かけることがなかった母と子。終着でもある南端の「浜寺」で海を見つめ続けた。ひと言も話さない母親に対して、おそろしさのあまり、思わずかけた言葉とは…。母親とともに阪堺電車で過ごした不思議な記憶とその時の気持ちを描く。