ちゅらさん

21世紀1作目の連続テレビ小説 舞台は沖縄!

共有

(25)涙のアンダギー

小浜島でおばぁ(平良とみ)と再会した文也(小橋賢児)は、古波蔵家が那覇に引っ越したとようやく知る。東京への帰りの便の時刻が迫り、急ぎ駆けていく文也。おばぁが恵里は今東京にいると伝えようとするが、その声は届かない。一方、東京で入学試験を終えた恵里(国仲涼子)は、合格発表の結果を池端容子(余貴美子)に見に行ってもらうことを頼み、帰宅することに。交差点に差し掛かったとき、恵里の目の前に現れたのは…。