ちゅらさん

21世紀1作目の連続テレビ小説 舞台は沖縄!

共有

(24)ハイサイ!東京

受験の朝、恵里(国仲涼子)は子どもの頃に文也からもらったはがきにある住所を訪ねてみる。だがその家には違う名の表札が。隣人の話では、和也が亡くなってから三年後に父親が事故で亡くなり、引っ越して行ったという。一方、小浜島に墓参りに来ていたおばぁ(平良とみ)は、恵里が文也と植えた樹の前でひとりの青年が佇んでいるのを見かける。それは上村文也(小橋賢児)だった。東京ではいよいよ恵里の入学試験が始まる。