ちゅらさん

21世紀1作目の連続テレビ小説 舞台は沖縄!

共有

(7)帰ってきた兄い兄い

1990年、古波蔵恵里(国仲涼子)は高校3年生になった。古波蔵家は那覇に移り住み、父・恵文(堺正章)はタクシー運転手として、母・勝子(田中好子)は市場で働き家計を支えている。部活では野球部のマネージャーとして励む恵里だったが、自分自身がやりたいことはまだ見つかっていない。将来きっと文也と結婚する日がくる、その想いだけが支えだった。そんな古波蔵家に不肖の長男・恵尚(ゴリ)が久しぶりに顔を見せる。