ニュース速報

    (1)「龍の子」

    19世紀、琉球王朝末期の沖縄に、一人の女の子が生まれた。男子を望む父に疎んじられた子は聡明な少女(仲間由紀恵)に成長。父、そして自らの願いをかなえるため、性を偽り、宦官(かんがん)・孫寧温として、時代の変化が押し寄せる王朝の役人になる。まず、難破した英国船の船員を手厚く保護し、外交的手腕を発揮。王(高橋和也)に認められ、王府の財政改革を命じられるが、王の姉・聞得大君(高岡早紀)と全面的に対立する。