選「ファベーラの十字架 2010夏」

    リオ・デジャネイロにある世界で最も危険なスラムと言われる「ファベーラ」。今年W杯の期間中、この地でプロのサッカー選手を目指す少年たちの夢と葛藤の日々を追った。 ブラジルのリオデジャネイロにある世界で最も危険なスラム、「ファベーラ」。この地の少年たちは、10代半ばまでに3つの選択肢を突きつけられる。プロのサッカー選手となるか、スラムに埋没して一生を終えるか、ギャングとなるか。サッカーW杯が行われた2010年6月、現地で、プロのサッカー選手を目指す少年や、ギャングとなるか、サッカーを続けるかを悩む少年を取材した。少年たちの夢と葛藤(かっとう)の日々を追った。