ニュース速報

「千利休〜“一期一会”今このひと時を楽しむ〜」

日本的な“もてなし”の基盤を生み出したともいわれる千利休。その侘(わ)び茶が花開いたのは戦国の世。簡素にして静寂、独特の美意識と死生観に貫かれていた。明日の命も知れぬ戦国武将たちの刹那的な思いや心のひずみに利休は“一期一会”の思いで応えた。誰もが刀を外しかがんで茶室に入る。そこに上下関係はない、命の危険もない。利休の演出に人と人が心をかよわせる。“一期一会”に込められた侘び茶の神髄とその人生に迫る