ニュース速報

「樋口一葉の青春 “どん底”から抜け出すには?」

明治の文豪・樋口一葉。「たけくらべ」「にごりえ」などで知られる彼女の青春は…「貧乏」一色。五千円札のイメージとは裏腹に日本史上最もお金に苦労した偉人といわれる。17歳で父を亡くし莫大な借金を背負った一葉が考えた貧困脱出法…それは小説で金を稼ぐこと! 身分、男女などさまざまな価値が転換した明治期、「金」と向き合うことで人間を見つめ直した若き一葉の知恵に迫る。