ニュース速報

知っておきたい 血液のがん 「急性骨髄性白血病」

急性骨髄性白血病は、白血球の元になる「骨髄芽球」ががん化して増殖する病気。子どもから高齢者まで幅広い年齢で発症し、白血病の7割を占める。症状は、感染症にかかりやすくなる、貧血、出血が止まりにくくなるなど。進行のスピードが速いため、すぐに治療を始める必要がある。抗がん剤などによってがん化した細胞を減らし、再発が予想される場合は、血液細胞のおおもとになる造血幹細胞の移植を検討。最新治療を詳しく解説。