「北海道 西興部の牧草地」

北海道・西興部村の山には一風変わった牧場が広がる。牧場内には天然の小川や森が残り、牛が沢へおりて水を飲む。この独特の環境が、草原・森林・水辺の生きものを育む。森と草原を往来するミカドフキバッタは牧場の短い草が大好物。林縁の開けた場所に咲く花には虫が集まり、それをホオジロが狙う。森の保水力は牧場の小川を保ち、オニヤンマやアカマダラが集い、サケも上ってくる。山間部の牧草地が生む多様な環境を見つめる。