ニュース速報

    茶の湯 藪内家 織部も親しんだ茶の魅力 (3)「茶道具の楽しみ」

    藪内家の茶の湯を学ぶシリーズ。第3回は「茶道具の楽しみ」。古田織部と関係が深かった藪内家は織部が用いた茶道具の数々が伝わる。織部は「へうげもの(ひょうげもの)」という、ゆがんだり、変わった形や色の道具を好むことが多かった。織部の発想で始まったという織部焼は大流行したという。織部の美意識を、藪内家などに伝わる名品とともに、野村美術館館長谷晃さんの解説を交えて学ぶ