ニュース速報

「太く短い!でも、とろ〜り甘い! 下仁田ねぎ 〜群馬・下仁田町〜」

冬が旬!甘くてトロトロ!下仁田ねぎ▽踏みまくり!?収穫前に引っこ抜く!?驚きの下仁田ねぎの育て方▽「ピッツァ」に「肉詰め」!絶品!下仁田ねぎのアイデアレシピ! 冬が旬の「下仁田ねぎ」。太くて短い独特の姿ですが、一般的なねぎの5倍もある甘さと、トロットロの食感が魅力です。俳優の伊原六花さんが、うまいッ!の秘密を取材すると、生えたばかりの苗を踏みつけたり。収穫4か月前に引っこ抜いてしまったり。太く甘く育てるための驚きの育て方が明らかに!さらに、意外な食材と合わせた「ピッツァ」や、太さを生かしたオシャレな「肉詰め」など、絶品アイデアレシピもご紹介します!

出演者

  • 食材ハンター 伊原六花 (俳優)

    下仁田ねぎは、とにかく太くてビックリ!生のままだと涙が出るほど辛いのですが、熱を通すとトロトロの食感と甘みが口いっぱいに広がります。小金沢さんが作ってくれたバター焼きは感動の味!ぜひ皆さんにも食べていただきたいです。

  • 地元応援団 原口雅臣 (NHK前橋放送局アナウンサー)

    群馬を代表する農産物のひとつ下仁田ねぎ。ときには踏みつけられ、ときには引き抜かれたりしながらも、じっくり時間をかけて育てられています。甘みもとろみも最高、食べ方もいろいろ…。地元にお邪魔して、そのおいしさに改めて触れることができました!

  • 生産者 小金沢章文 (農家)

    下仁田ねぎ農家の2代目。より豊かな甘みと肉厚でトロトロの食感を生み出すため、代々引き継がれてきた伝統の栽培法を守りながらも、新しい肥料を試すなど、研究を続けています。

「うまいッ!の秘密」&「ごちそうレシピ」

  • 「下仁田ねぎのバター焼き」&「ねぎdeピッツァ」

  • 「うまいッ!」の秘密