ニュース速報

「夏が旬!うまみギッシリ 大粒岩ガキ〜京都府・舞鶴〜」

今回は、夏が旬の岩ガキ。大粒で、濃厚なうまみが自慢の京都・舞鶴産に着目!大粒のカキを育てる秘密とは?地元で人気急上昇!家庭でもすぐに作れるカキ料理も紹介します。 約60軒の漁業者が岩ガキを養殖している舞鶴市。一つ300gを超える大粒の生食用岩ガキを、年間約25万個出荷しています。今回の食材ハンター・ユージさんは、舞鶴でも特に大粒の岩ガキにこだわって生産する漁業者を訪問。そこには、岩ガキが少しでも大きく育つよう、涙ぐましい地道な作業が続いていました。このほか、舞鶴が養殖岩ガキの一大産地となった驚きの誕生秘話や、地元オススメの岩ガキグルメも続々登場します!

出演者

  • 食材ハンター ユージ (タレント)

    舞鶴の岩がきはデカい!なのに濃厚!こんな岩がきは初体験でした。少しでも大きく育てるため、細やかなお世話をする木村さんの情熱に感動。つぎ、岩がきを食べる時「ごちそうさまでした」と心を込めて言いたいです。

  • 地元応援団 江原啓一郎 (NHK京都放送局アナウンサー)

    山々から流れ込んでくる栄養をたっぷりと蓄えた、若狭湾の岩ガキ。天ぷらにして卵でとじたり、チーズと合わせて焼いて特製のソースと絡めたり、地元では“うまみを最大限引き立たせる工夫”で岩ガキを楽しんでいます。こう書いているだけで、ひと口食べたあの感動が鮮明によみがえってきて、お腹が鳴ります!あー、また食べたい!

  • 生産者 木村淳 (かき養殖業者)

    自らの手で岩がきを育てたいと漁協をやめて漁師に転身。「少しでも大きく!」その思いで手のかかる籠を使った養殖法で岩がきを育てています。そのほか、岩がきに関する動画も制作。岩がきのPRにも一役買っています。

「うまいッ!の秘密」&「ごちそうレシピ」

  • 「岩がきのみそマヨ仕立て」

  • 「うまいッ!」の秘密