ニュース速報

「敵対と共生のはざまで」

半世紀以上にわたりウイルス研究と感染症対策にたずさわってきた山内一也の言葉に耳を傾ける。コロナ禍の今、未知なる生命体とどう向き合えばよいか、探ってゆく。 「脅威ではあるが、敵対するものではない」。半世紀以上、ウイルス研究と感染症対策にたずさわってきた山内一也は、ウイルスと人類の関係を独自のまなざしで見つめてきた。山内は、WHOが威信をかけて取り組んだ天然痘根絶の国際プロジェクトに参加したことでも知られる、日本を代表するウイルス学の権威。コロナ禍の今、未知なる生命体とどう向き合えばよいのか、山内の言葉と文章を手がかりに探る。(初回放送2020年6月)