シリーズ「空海の風景」 前編“天才”の旅立ち〜大唐渡海の夢〜

初回放送日:2023年12月3日

空海生誕1250年、司馬遼太郎生誕100年の節目の今年、2002年に制作された番組『空海の風景』をひもときながら宗教学者・山折哲雄さんと僧侶・白川密成さんが語る 2回シリーズの前編は、空海の誕生から遣唐使として中国に渡り福建省に難破して漂着するまでを描く。司馬遼太郎は、空海が宗教家の枠を超えた「天才」と評した。詩文や書に優れ、建築学・土木工学・薬学や教育など多岐に渡る才能のみならず、伝統仏教の権威や天皇権力からも自由で、国家や民族の境界を突破する越境性を持ち人類普遍の存在だとする。空海の「天才」の本質は何か。四国遍路はなぜ多くの現代人を惹きつけるのか。