シリーズ「問われる宗教と“カルト”」 VOL.3

初回放送日:2022年12月25日

大反響を呼んだシリーズ「問われる宗教と“カルト”」。続編を望む視聴者の多数の声に応える続編第一弾は、宗教における家庭と性役割、宗教2世の問題をとりあげる。 視聴者から多かった反響は「旧統一教会問題では女性や子どもの被害が多いように思われる。この問題を女性の視点も加えて検討してほしい」という声。シリーズ3回目となる今回は、尼僧・宗教学者の岡田真水氏、カトリック修道者の原敬子氏、イスラーム研究者の八木久美子氏が討論に参加。旧統一教会問題研究者・櫻井義秀氏、僧侶・釈徹宗氏とともに、宗教における性差別や“2世”問題について考える。進行は宗教学者・島薗進氏。