カスタニャッチョ、和栗のケーキ

レシピ公開日:2023年11月27日 午後10:00

栗の味わいがぎっしりつまったイタリアの栗粉のケーキ、カスタニャッチョ。和栗のペーストでつくった和栗バージョンも!秋をたっぷり感じて!

  • 橋本 素明
    (辻調理師専門学校)
材料 直径14cm 各1台分
  • カスタニャッチョ
    • 栗粉(イタリア産)
      130g
    • 110g
    • 炭酸水
      90g
    • ひとつまみ
    • ローズマリー
      1/2本
    • 松の実(ロースト)
      20g
    • くるみ(ロースト)
      20g
    • サルタナレーズン
      20g
    • オリーブ油
      10g
    • ローズマリー 表面に飾る分
      適量
    • 松の実(ロースト) 表面に飾る分
      適量
    • サルタナレーズン 表面に飾る分
      適量
  • ローズマリークリーム
    • 生クリーム(乳脂肪分42%)
      100ml
    • ローズマリー
      適量
    • グラニュー糖
      10g
    • リコッタチーズ
      38g
    • はちみつ
      4g
  • 和栗ペースト(つくりやすい量)
    • 和栗の実 から付きで250~300g
      140g
    • シロップ 水40g、グラニュー糖40g
      80g
  • 和栗のケーキ
    • 和栗ペースト
      180g
    • 15g
    • 牛乳
      25g
    • グラニュー糖
      20g
    • ひとつまみ
    • 栗の渋皮煮
      60g
    • 煎りすりごま(白)
      5g
    • 太白ごま油
      15g
    • ゆずの表皮
      適量
    • けしの実
      適量

カスタニャッチョの準備

1

オーブンを180℃に温めておく。

2

直径14㎝×高さ2㎝の型の内側にバターを塗り、幅3㎝程のオーブンシートを張り付けておく。

3

天板にオーブンシートを敷き、2の型を載せておく。

カスタニャッチョをつくる

1

ボウルに栗粉を入れ、炭酸水と水を加え、泡だて器で中央から少しずつ混ぜ合わせる。

※水は生地のかたさ調整のため一部残しておく。

2

残しておいた水を加え、生地のかたさを調整する。

※すくうと流れ落ちるくらいのゆるめがよい。

3

塩を加えてよく混ぜる。

4

松の実、レーズン、くるみ、ローズマリーを加えてよく混ぜる。

5

オリーブ油を加えてよく混ぜる。

6

準備3の型に流し入れ、ゴムべらで平らにならす。

7

表面に、松の実、レーズン、ローズマリーを散らす。

8

180℃のオーブンで40分焼く。

ローズマリークリームをつくる

1

鍋に生クリームとローズマリーを入れて火にかける。 周りがフツフツしてきたら、火をとめて粗熱をとる。

2

ボウルにこし、氷水にあててよく冷やす。

3

グラニュー糖を加え、ハンドミキサーでよく泡立てる。

4

リコッタチーズとはちみつをよく混ぜる。

5

3に加え、ゴムべらでよく混ぜ合わせる。

6

カスタニャッチョに添える。

和栗ペーストの準備

1

和栗を水に1~2時間ほどつけておく。

2

鍋に水とグラニュー糖を入れて煮溶かし、冷ましておく。(シロップ)

和栗ペーストをつくる

1

準備1の和栗を半分に切り、50分ほど蒸す。

2

温かいうちにティースプーンで実を取り出す。

3

フードプロセッサーにかけて細かくする。

4

準備2のシロップを数回に分けて加えながらフードプロセッサーにかけ、ペースト状にする。

5

裏ごしし、残った渋皮などを取り除く。

和栗のケーキの準備

1

オーブンを180℃に温めておく。

2

栗の渋川煮を12等分にカットしておく。

3

直径14㎝×高さ2㎝の型にアルミホイルを置いて栗の形にし、内側にバターを塗り、幅3㎝程のオーブンシートを張り付けておく。

4

天板にオーブンシートを敷き、3の型を載せておく。

和栗のケーキをつくる

1

和栗ペーストに卵と牛乳を数回に分けて加えながら、泡だて器で混ぜる。

2

グラニュー糖、塩を加えてよく混ぜる。

3

準備2の渋川煮、すりごま、ごま油を加え、ゴムべらでよく混ぜる。

4

すりおろしたゆずの表皮を加え、よく混ぜる。

5

準備4の型に流し入れ、平らにならす。

6

栗の下側の部分に白けしを振りかける。

7

180℃のオーブンで40分焼く。

8 食べごろと保存方法

カスタニャッチョは温かくても、冷めてもおいしくいただけます。 クリームを添えるとコクが加わり、また違った味わいを楽しめます。 和栗のケーキは、冷めてからが食べごろです。 両方ともお早めにお召し上がりください。

このレシピのエピソード