亥の子餅

レシピ公開日:2023年10月23日 午後10:00

イノシシの子ども・ウリ坊に似せたかわいらしい亥の子餅。餅生地には、ごまや小豆を入れ、楽しい食感に。あんには柿を練り込み、栗をまるごと包みました。秋らしさ満載の亥の子餅をお楽しみあれ!

  • 立嶋 穣
    (辻調理師専門学校)
材料 20個分
  • 生地
    • もち粉
      100g
    • 上新粉
      25g
    • 上白糖
      125g
    • 170ml
    • しょうゆ
      8g
    • 白ごま
      3g
    • 黒ごま
      3g
    • 小豆の蜜漬け 甘納豆でも可
      20g
    • 片栗粉 打ち粉用
      適量
  • 柿入り小豆こしあん
    • 小豆こしあん
      200g
    • 80ml
    • あんぽ柿
      50g
    • 水あめ
      10g
    • 栗の甘露煮
      20個

白ごま、黒ごまの準備

1

熱したフライパンに、白ごま、黒ごまを入れ、フライパンをゆすりながら中火でいる。 香ばしい香りがしたら、紙を敷いたバットにあけて常温で冷ましておく。

生地をつくる

1

ボウルにもち粉、上新粉、上白糖を入れて、よく混ぜる。

2

水を加え、ダマがなくなるまで混ぜる。

3

しょうゆを加えて混ぜる。

4

蒸し器にバットを置き、ぬらしてかたく絞ったさらしを敷いて生地を流し入れ、30分蒸す。

5

ボウルに移し、準備1の白ごまと黒ごま、小豆の蜜漬けを加え、生地がなめらかになるまで木べらで練る。

6

片栗粉の打ち粉へ移し、20等分にする。

柿入りこしあんをつくる

1

あんぽ柿を1~1.5㎝角に刻む。

2

鍋に小豆こしあん、水を入れて火にかけ、木べらですくえるくらいのかたさまで炊く。

3

1と水あめを加え、再度、木べらですくえるくらいのかたさまで炊く。

4

平らな容器に小分けにし、常温で冷ます。

5

20等分にし、栗の甘露煮を包む。

亥の子餅を仕上げる

1

片栗粉を手につけながら生地を平らに広げ、栗の甘露煮を包んだあんを包む。

2

手の平ではさみながら丸め、イノシシをイメージして、頭は丸く、尻尾が細くなるように形を整える。

3

熱しておいた焼きごてで、尻尾側に縦に3本焼き模様をつける。

※焼きごてがない場合は金串でもよい。やけどに注意。

4 食べごろと保存方法

当日中がおいしく食べられます。 乾燥すると生地の表面がかたくなるので、密閉容器に入れて保存してください。

このレシピのエピソード